睡眠と熟睡の研究館

 
睡眠と熟睡の研究館へようこそ!

当サイトでは夜寝付けない悩みや、熟睡感を感じない人のために、役立つ情報を発信しています。熟睡感がない状態というのは、睡眠時間は確保しているにもかかわらず、寝不足を感じる睡眠障害です。これも列記とした不眠症なのです。

普段の睡眠で熟睡できるようになると、毎日が楽しくなるものです。
心身ともに快調になり、仕事も勉強もスイスイ片付きます。反対に睡眠に熟睡感がないと、遅々として事が運ばず、頭もボーッとして、集中力や記憶力、判断力が減退してしまいます。それだけではなく、仕事中の事故やミスも増えてしまうことに。

睡眠に熟睡感がないということは、いいかえると深い眠りが取れていないわけです。深い眠りとはノンレム睡眠。このときに大脳は深く休められ、温度も低下し、機能ダウンします。レム睡眠中は、脳が活発に働いており、記憶の整理、心のメンテナンスに忙しい時間帯。ですから、深いノンレム睡眠を取ることなしに、脳は真に休まらず、熟睡感を得られないのです。

睡眠に熟睡感を得られないと、健康面でマイナスの現象が現れます。
それは深いノンレム睡眠のとき、成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンには、お肌の修復、免疫力の向上、筋肉や骨の成長、脂肪の燃焼といった重要な役割があります。これは深い眠りにしか分泌されないので、熟睡感がない人は、こういった働きがにぶってしまい、病気にかかりやすくなるのです。

睡眠に熟睡感がない原因としては、寝る前の過度のアルコール、日中の疲労度が少ない、昼寝のしすぎ、心配事などの精神的なストレスなどがあります。ナイトキャップは、少量ならば脳内のギャバを増やすので、安眠・快眠に効果的です。ただし量が増えると、睡眠を浅くし、途中で目覚めやすくします。

昼間に肉体的な疲れが少ないと、睡眠物質があまり作られません。これの対策としては、運動を生活のなかに取り入れることが大切です。太陽に当たりながらウォーキングをするだけで、夜に熟睡できるようになるものです。

かといって精神的に負荷がかかると、眠りが浅くなります。
それは脳が緊張しているため、自律神経に乱れが生じ、交感神経が優位になるため。睡眠中も脳に力が入ってしまっているわけですね。この場合は、寝る前に十分リラックスしてから床に入ることが大切です。

当サイトが皆様の睡眠を熟睡に変え、毎日をはつらつと生きていくためのヒントを提供できれば幸いです。


不眠を解消するコツを知りたい方はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら







睡眠改善法には無料でできるものとグッズを使うものなどがあります。
安眠方法と不眠症対策・・・光の調整と食事によってコントロールが可能です。
眠る方法はひとそれぞれ。自分に最も合った方法を見つけましょう!
安眠枕の通販 安眠と快眠を実現する秘訣 眠れない夜はどうする?