睡眠と熟睡の研究館TOP > 熟睡法は存在する? > 不眠と漢方薬〜体質に合わせる

不眠は漢方薬でも改善できる

 
不眠は漢方薬によっても、改善していくことができます。

心療内科などにかかると、医師はベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(睡眠薬)を処方します。これは不眠症そのものを治療するための薬で、言ってみれば対症療法。

これにたいして不眠に漢方を使用する場合は、その人の体質を整えることによって、眠れるように導いていきます。不眠は自律神経失調症などが関わっていることが多いので、自律神経を整えて体質改善していくのです。

不眠への漢方治療では、まず医師は問診を行ないます。
最初に、患者さんにターゲットを絞るわけです。この点、西洋医学では、すでに存在する睡眠薬を、患者さんに当てはめていきます。漢方では、患者さんによって対応が変わるので、患者さんの数だけ薬の調合の組み合わせがあることになります。

医師は患者さんへの問診によって、患者さんの体質や体力などを見極めます。そして、その患者さんに最も合った漢方の種類を調合するのです。いってみれば不眠の漢方薬は、その人だけのオーダーメイドの薬。体質改善をすることによって、最終的に不眠症を改善していきますから、睡眠薬のような即効性はありません。その代わり、睡眠導入剤に起きがちな副作用がないという長所があります。

不眠の漢方薬には、加味逍遙散(かみしょうようさん)とか、いろいろな薬があります。それぞれ肩こり、のぼせ、動悸、便秘、食欲不振、月経不順、イライラ、疲労感、めまいなど、いろいろな効能があります。種類が少なくても、それを組み合わせることで、とてつもない組み合わせの不眠の漢方薬が出来上がるのです。

不眠症を治す漢方薬は、処方が合っていれば、早ければ2日ほどで、遅くても1週間で症状が良くなっていくようです。
不眠を解消するコツを知りたい方はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら